夏休み 子ども司書体験講座

本日8月23日は、処暑です。

処暑とは二十四節気の一つで、暑さも峠を超え、気候が和らいでくる頃ということですが、それでもまだまだ厳しい残暑が続いていますよね🌞

さて、当館では夏休みの特別企画といたしまして、7月27日と8月20日の二回にわたり、小学生を対象とした『子ども司書体験講座』を開催いたしました。

暑い中、多くのお子さんたちが参加してくれました。

まずは、図書館や司書のお仕事についてのお勉強です。

「図書館」と言っても色々な種類があり、それぞれに特徴や役割があることを学びました。また図書館のお仕事も、カウンター業務だけではなく、見えないところで様々な作業を行っていることも教えてもらいました。

続いて、いよいよ司書体験です。

まずは館内の案内マップを手に、図書館を探検しましょう!

 

図書館にはいろいろな本がありますね♪ 乱れた棚はきれいに整頓しましょう!

 

カウンターでの主なお仕事は、貸出と返却です。当館は自動貸出となっていますので、返却作業を体験してもらいました。

図書館の本を保護するコーティングフィルムを使って、オリジナルの「しおり」も作ってもらいました。薄いフィルムですが汚れや紫外線、傷などから本を守ってくれる大切なものです。空気が入らないように貼るのは難しかったですね。

最後に、それぞれ「おすすめの一冊」を選んでもらい、POPとかわいい飾りで「おすすめ本コーナー」を設置してもらいました。

館内2ヵ所に、『子ども司書のおすすめ本』コーナーを設けておりますので、来館の際は是非ご覧になってください。

 

今回の司書体験で、図書館や本のことをもっともっと好きになってくれたら、とてもうれしいです(*^-^*)

長丁場でしたがお疲れ様でした & ご参加ありがとうございました!

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です