お月見うさぎのタペストリー

9月は一年で最も月が綺麗に見える季節だそうです。

古来、日本人は月を愛でるという、大変に風流で情緒あふれる文化を持っています。

今年も各地で、中秋を名月を楽しまれたことでしょう。

お月さまよりお団子…という方も (笑) それもまた、秋の楽しい過ごし方ですよね (^o^)

お月見の余韻も覚めやらぬ9月14日㈯、図書館ではこの季節にぴったりの工作会を開催いたしました。

作ったのは、『月見うさぎのタペストリー』です。

和のテイスト満載の素敵なタペストリーですが、すべて紙で出来ているんですよ ♫

 

画用紙や和紙など、質感の違う紙を組み合わせることで立体感が生まれ、作業が進むにつれ、独特の深い味わいが出てきます。

まったく同じ材料を組み合わせているのに、この通り、微妙に違った雰囲気の作品に仕上がります。

和室のインテリアとしても、キッチンやお手洗いの飾りとしてもぴったりですよね。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

カテゴリー: 工作会   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です