干支のねずみを作ろう!

早いもので、令和元年も年の瀬を迎えようとしていますね。

冬休みが始まり、クリスマスを楽しんだら、あっという間にお正月です。

ちょうど十二支が一回りして、来年は先頭のねずみ年になりますね。

12月14日㈯、図書館では少し気が早いですが、ねずみのお正月飾りを作る工作会を開催いたしました。

指導して下さったのは、お馴染み「まんのう町竹細工同好会」の皆さんです。

 

黄金の俵と二匹のねずみがケースに収まる置物と、鈴の付いた根付けと呼ばれるストラップのような飾りを作りましたよ ♪

どちらも干支のねずみが主役の縁起物ですね

では、楽しい工作会の始まりです!

竹細工同好会の皆さんが用意してくださったキットを組み立てて…あっという間に、と言いたいところですが、今回はちょっと手ごわい作業となりました

というのも…、ゴマ粒よりも小さな目や、髪の毛ほどの細さしかないヒゲなど、慎重に扱わなければならない材料がいっぱいで、おしゃべりしていると、どこかへ飛んで行って大慌て! という事態に (-_-)

 

開始早々、皆さん本気モードで頑張っています!

特にケース付きの置き物は、細かい作業の連続で、悩ましい場面もいっぱい。

それでも、竹細工同好会の皆さんの、丁寧で優しく分かりやすい指導で、少しずつですが形になっていきます。

 

ちびっ子には少し難しいかな? と思っていたのですが、意外や意外! 大人の大きな手より、子どもの小さくて細い指の方が、細かな作業はやりやすく、むしろ大人よりも上手に出来たりするんですよ (^^♪

 

形が見えてくると、俄然やる気が湧いてきますよね。もう一息、頑張りましょう!

 

時間をかけて完成させた作品には、特別な愛着が湧くものですよね。皆さんの、達成感に満ちた笑顔が輝いていました。

  

 

部屋に飾ったり、携帯やお財布に付けたりして楽しんでくださいね。

ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

新しい年が、素晴らしい一年になりますように。

毎回、趣向を凝らした作品作りを楽しませてくださる、「まんのう町竹細工同好会」の皆さん、今年も一年お世話になりました。

スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

来年も、心温まる手作りの世界を楽しみにしております。

ありがとうございました。

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です