春よ来いっ 早く来いっ! 

暦の上だけでなく、春がそこまで来ているのでしょうか。

ポカポカ陽気が続き、家の中にいるより、外の方が気持ちがいいくらいですね。

想定外に春休みが長~くなったお子さんたちも、公園や広場など、空気のキレイな場所で思い切り走り回りたい気分ですよね。

本日は、ちょっと言葉のお話をしてみようと思います。

一口に「春」と言っても、日本語には実に多彩で美しい言葉がたくさんあります。

春の深まりとともに、「早春」「仲春」「晩春」などという表現をします。

「春曇り」「春時雨」といった空模様を表す言葉も、何だか雅ですね。

早春に泣き始めるウグイスには、「春告げ鳥」や「春の使い」といった別名があるそうですよ。詩的で情緒がありますね。

少し色っぽい表現としては、「桜唇(おうしん)」という言葉もあります。

女性の小さくて美しい唇を表した言葉だそうです。

何かと楽しみが制限されている時期ですが、ドライブやお散歩の途中などに、色づき始めた春の花を眺めて、小さい春を楽しんでみてください。

思いがけず、一句浮かんでくるかもしれませんよ (^_-)-☆

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です